arjo-city-skyline-malmo-banner.jpg

コーポレートガバナンス

Arjoのコーポレートガバナンス

Arjoのコーポレートガバナンスは、スウェーデンの法律、Arjoの定款、スウェーデン・コーポレート・ガバナンス・コード(「コード」)、およびナスダックストックホルムの株式発行会社ルールブック、およびその他の関連する規制および推奨事項に基づきます。

指針は、「コンプライ・オア・エクスプレイン」の原則に基づいています。これは、企業は指針にあるすべてのルールを常時適用する義務はなく、会社の状況に応じてより適切な代替的な解決策を選択する自由があるという考え方です。但しこの場合でも、逸脱事項についてすべて報告し、代替的な解決策と、逸脱の理由を説明することが条件となります。指針からの逸脱については、会社の年次コーポレート・ガバナンス・レポートで報告されます。