国または地域を選択してください

現在地: Japan (日本語)
ホーム / サービス&ソリューション / 医療ソリューション / 腹臥位への安全な体位変換
Prone-LP.jpg

腹臥位への安全な体位変換

安全で簡単な腹臥位のためのパートナー

腹臥位のためのソリューションを用いて、腹臥位に関連したケガのリスクを低下させることができます。 また、必要な介助者数の削減、そして安全で制御された手法で実行するために必要な身体的労力も低減します。 詳しい内容はこちら
Prone-positioning1.jpg

新型コロナウィルス

腹臥位は、新型コロナウィルスに関連したARDS治療の主要な方法です。 しかし、ICUの厳しい環境下においては、安全に行うことが難しい場合があります。
Prone-positioning25.jpg

リスクにさらされた患者様

ICU患者様をうつ伏せにすることは、複雑な作業です。 多くの場合、患者様は強い鎮静状態にあり、医学的に麻痺しており、人工呼吸器や複数の機器が取り付けられています。

多くの場合、患者様は1日に最長16時間を腹臥位で過ごします。¹ このような長時間は、圧力損傷のリスク増加につながります。²
Prone-positioning-6.jpg

介助者の怪我のリスク

サポート機器を使用せず、手動でペイシェントハンドリングを行うことは、看護士およびセラピストの筋骨格損傷のリスク要因となります。³

患者様のベッド内での体位変換は、介助者の筋骨格系損傷の最大のリスク要因です⁴

Prone-positioning2.jpg

より安全で簡単に腹臥位を実行

ペイシェントハンドリング、圧力損傷予防、重症患者様のケアにおける数十年にわたる世界的な専門知識を備えた弊社は、腹臥位に関する幅広いソリューションと臨床サービスを提供しています。
Prone-positioning4.jpg

うつ伏せ/仰向けへの体位変換

Prone positioning involves turning a patient onto their chest. This may sound like a straightforward task. However, clinicians appreciate that this can be a complex, labour-intensive manoeuvre that can put both patients and caregivers at risk.
Prone-positioning5.1.jpg

腹臥位

Patients often spend up to 16 hours out of every 24-hour period in the prone position⁵. Such lengthy sessions are associated with an increased risk of pressure injury.⁶

参考文献

  1. Papazian, L., Aubron, C., Brochard, L., Chiche, J., Combes, A., Dreyfuss, D., Forel, J., Guérin, C., Jaber, S., Mekontso-Dessap, A., Mercat, A., Richard, J., Roux, D., Vieillard-Baron, A. and Faure, H., 2019. Formal guidelines: management of acute respiratory distress syndrome. Annals of Intensive Care, 9(1).
  2. Bamford, P., et al, 2019. Guidance For: Prone Positioning in Adult Critical Care. Intensive Care Society and Faculty of Intensive Care Medicine.
  3. Richardson et al., 2019. Perspectives on preventing musculoskeletal injuries in nurses: A qualitative study. Nursing Open.
  4. Wiggermann, N., Zhou, J. and McGann, N., 2020. Effect of Repositioning Aids and Patient Weight on Biomechanical Stresses When Repositioning Patients in Bed. Human Factors: The Journal of the Human Factors and Ergonomics Society.
  5. Guerin C, et al, 2013. Prone positioning in severe acute respiratory distress syndrome. N Engl J Med.
  6. Girard R, Baboi L, et al., 2014. The impact of patient positioning on pressure ulcers in patients with severe ARDS: results from a multicentre randomised controlled trial on prone positioning. Intensive Care Med.
Lucien de Kreek

必要なサポートを提供させていただきます!

お探しのソリューションが見つからない場合は お手伝いさせていただきます。