国または地域を選択してください

現在地: Japan (日本語)
ホーム / 製品 / 患者様の安全な介助 / 床走行リフト
並べ替え順

Arjo製品

患者様の介助ソリューション

すべての人のモビリティを促進 Arjoが提供する患者様の介助ソリューションは、認知症や認知障害のある方を含む、様々なモビリティレベルの入居者様が早期に離床することや、頻繁または定期的に動くことを可能にします。

Arjo.Early Mobility Walking.jpg

患者様の心と体の介助

どれだけ体を動かせるかは、心身両面に影響を及ぼします。毎日のように、適切な機器を使用することなく、介助を受ける人も介助を提供する人にもケガのリスクがある状態で移動や離床が行われています。寝たきりの状態には、尿失禁、認知機能障害、転倒、栄養失調、褥瘡などの悪影響があります。¹ Arjoが提供する患者様の介助ソリューションは、こういったリスクを最低限に抑えることに役立ちます。 

Caring for Caregivers image

介助者のための介助

看護師やセラピストの筋骨格系の損傷や痛みの主な原因は、人力による患者様の介助です。²、³ わずか1年の間に、看護師が筋骨格系損傷により病欠した日数は、8,730日にもなります。⁴人力による吊り上げを減らし、患者様の介助環境を支援する環境があれば、介助者のリスクを最小限に抑えることができます。

Elevate quality of care image

ケアの質を高める

ベッドの外で過ごす時間は、入居者様の毎日に欠かせないものです。補助具の使用により、吊り上げ、移動、体位変換などの作業は、人力による患者様の介助に伴うケガ(転倒、皮膚裂傷、肩の脱臼など)の危険性を低減することができ、より安全になります。⁵

Improve workflow with single caregiver solutions image

一人介護のできるソリューションで業務を改善

モビリティー(可動性)の低下は、心と身体の両面に悪影響を及ぼします。リハビリは困難であっても、トイレの使用などの日常生活を正常化していくことは可動性の改善につながります。これには、適切な機器の使用が欠かせません。安全な介助や可動のための技術を使用することは、患者様や入居者様の介護、移動、リハビリ、日常生活の質にプラスの影響を与えます。⁶

 

Optimise patient and caregiver safety image

患者様と介助者の安全性を最適化

患者様や入居者様の「動くこと」を、全ての人に合う方法で支援します。天井走行リフトは、人力で患者様や入居者様を抱え上げることなく、1人の介助者だけでスムーズに移動させることを可能にします。天井に設置できるので、もちろん操作時にも邪魔になることはありません。

Prevent immobility acquired conditions image

長期臥床のリスクを減らす

体位変換は、身体の脆弱な部位に継続的にかかる圧力の時間と強さを減らし、患者様の快適性、衛生、尊厳、機能的能力の維持と向上に貢献します。⁷ Arjo の早期離床ソリューションと水平移乗、体位変換補助具の使用により、患者様のケガや衰弱のリスクを低減することができます。

介助で使用される Arjo 製品

Sara Plus など、患者様介助用の製品は、介助を受ける患者様や入居者様が離床の目標達成へと向かう機会を作ります。Arjo の患者様介助ソリューションで、自信を持って積極的に適切な離床の機会を設けてください。Arjo 製品の使用方法を紹介するビデオをご覧いただけます。

Sara Plus のデモ

Maxi 500 のデモ

Sara Stedy のデモ

臨床研究 - COVID から回復した患者の早期離床

Lucien de Kreek

必要なサポートを提供させていただきます!

お探しのソリューションが見つからない場合は お手伝いさせていただきます。