より高い価値と効率性を提供し、お客様のニーズに速やかに対応できるよう、Arjoは多くの効率改善策を実行し、製造工程を合理化しました。特に2008年から2013年には、Arjoは全世界において15の製造拠点を6つに統合しました。2013年、Arjoはマットレスサポートシステム(TSS)の統合を完了しました。

その後、米国における価格引き下げへの圧力、レンタル市場の急速な低迷など、厳しい市場状況が続きました。この市場変化の影響は近年も継続し、効率化と市場変化への機敏な適応がArjoにとって重要な戦略的資産となりました。