2000年代には、多数の戦略的買収がさらにArjoの衛生管理や介助向け製品ポートフォリオを強化しました。2004年のCanadian BHM Medical社の買収は、いくつかある革新的な製品の中で、特に天井走行リフトMaxi Skyの発売に結びつきました。

2007年、Getinge Groupは他の大規模な買収を実行し、この英国企業Huntleigh Technology PLCとArjoを合わせてArjoHuntleighブランドを誕生させました。

Huntleighは1983年に設立され、2年後にロンドン証券取引所に上場しました。最初の画期的な製品であるNimbus Dynamic Flotation Systemマットレスは、現在でもなお、Arjoの製品ポートフォリオの重要な製品として存続しています。Huntleighは、褥瘡予防マットレス、集中治療、専門的な介護、高齢者施設向けベッド、静脈血栓塞栓症予防につながる製品、出生前診断や血管診療向けの機器における信頼あるメーカーであり、複数の製品カテゴリーで市場トップを誇っていました。Getingeによる買収時点でHuntleighは200人以上の従業員を擁し、120カ国で販売していました。

ArjoとHuntleighは、合併によって包括的な製品ポートフォリオを持つ、世界をリードする企業となりました。純売上高の合計は60億スウェーデンクローネにのぼり、従業員は世界で4,400人以上となりました。

戦略的買収により、ArjoHuntleighは拡大を続けました。2012年には、中国のベッドメーカーであるAcare社を買収し、新興市場向けの製品ポートフォリオを強化しました。また、KCIからTSS(マットレスサポートシステム)部門を買収し、床擦れ予防の製品ポートフォリオが加わりました。