You are visiting a website that is not intended for your region

The page or information you have requested is intended for an audience outside the United States. By continuing to browse you confirm that you are a non-US resident requesting access to this page or information. Switch to the US site. 

仰臥位から起き上がり端座位へ

仰臥位から起き上がり端座位へ

仰臥位から起き上がり端座位(SSEB)への体位変換は良質なケアに必要不可欠ですが、毎日手作業で行った場合、介助者様が腰を痛めるリスクがあります。

仰臥位から起き上がり端座位(SSEB)への体位変換は、介助者様が毎日何度も行う必須の作業ですが、手作業での持ち上げはリスクが高い上、患者様にも不要な不快感を与えます。腰を痛めている介助者様の割合は他の職業の6倍にのぼります。1.介助者様の80%は仕事中の介助によって負傷します。2参考文献:

1.Dawson,Aら(2007)看護師の腰痛及び腰の怪我の防止A Systematic Review, Occup Environ Med, 64.

2.Cohen,M.Hら(2010)患者様の介助および体重測定A White Paper, Health Guidelines Revision Committee Specialty Subcommittee on Patient Movement FGI.