国または地域を選択してください

現在地: Japan (日本語)
ホーム / 知識 / モビリティギャラリー / 長期ケア・モビリティギャラリー / Emma(エマ)

Emma LTC_500x700.jpg

Emma(エマ)

Emma(エマ)はほとんど寝たきりの状態で、座るには特殊なイスが必要です
特別な予防措置を講じずに支援すると、介助者に身体的な負担が掛かる可能性があり、このリスクを削減するために器具を使用する必要があります。 この入居者様は、動作に能動的に貢献することができません。 がんの末期患者様やアルツハイマー型認知症患者様などの場合、このような能動的な貢献を避ける必要がある場合や、望ましくない場合があります。 最適なケアを提供すること、そして不動状態による合併症を予防すること(十分な皮膚のケアなど)が優先されます。 エマがベッド内で移動する際には、スリングリフトやスライディングシートを使用します。 目標は、長期の寝たきり状態による合併症の危険を回避し、可能な限り快適な状態にすることです。

  • ほぼ寝たきりであり、特別な椅子にのみ座ることができます
  • 常に介助者を必要とする
  • エマのセーターの赤は、適切な器具を使用しない場合に、介助者にとって静的・動的な過負荷となるリスクが高いことを示しています。
  • 機能的運動性の促進は第1の目標ではありません
bicycle_500px.jpg

Empowering Movement

モビリティギャラリーは、個人のモビリティレベルとそれがケアの質に与える影響を評価し、急性期および長期ケアの両方のEmpowering Movement(可動性の追求)において主要な役割を果たします。
Designing-for-Emma-49099.jpg

Emma(エマ)向けの設計

Arjoは、建築家、介護施設の管理者、介助者、入居者様とそのご親族様と緊密に協力し、個々の患者様のニーズに合ったスペースの設計を実現します。
positive8_500px.jpg

Positive Eight(ポジティブ・エイト)

Positive 8の哲学は、最高の介助スキル、効率的な作業環境、適切な機器の使用を通じてモビリティ(可動性)を改善/維持することによる、潜在的なプラス効果を視覚化しています。

資料ダウンロード

貴施設の入居者様/患者様のニーズを適切に満たすために、各レベルの機能的運動性を理解し、弊社の製品とソリューションを効率的に使用するための一連の資料を用意しました。