Arjoは1957年、起業家のArne Johanssonによってスウェーデンのエスロブに設立にしました。当初は医療機器を含め、他のメーカー向けの部品を製造していました。

Arne Johanssonは、医療従事者向けの介助機器や移乗機器のみならず、医療や高齢者介護における特別な入浴機器や歩行補助器へのニーズがあることにいち早く注目しました。そしてそれらのニーズに対応する革新的な製品をすぐに開発し、極めて高い評価を得ました。Arjoはまもなくスウェーデン国外でも製品の販売を始めました。