国または地域を選択してください

現在地: Japan (日本語)
ホーム / 知識 / モビリティギャラリー / 長期ケア・モビリティギャラリー / Barbara(バーバラ)

Barbara LTC _500x700.jpg

Barbara(バーバラ)

Barbara(バーバラ)は自立して生活でき、少しのサポートがあれば移動することができます
この入居者は日常生活の一部を自立して行うことができ、通常必要とされる支援は、介助者にとって身体的に大きな負荷がかかるものではありません。

主な支援は、言葉によるサポート、返答、指示ですが、軽度の身体的支援が必要な場合もあります。 この介助は、小型補助具(歩行補助具、サポートまたはグリップとハンドル)、または入居者様の環境への適応と組み合わせて提供することが可能です。 バーバラの残存能力を刺激する必要があります。

  • 自立でき、歩行器を使用できる
  • 状況により介助者を必要とする
  • 彼女のブラウスの薄緑色は、たとえば日常の衛生活動の支援などで、静的な過負荷のリスクが若干あることを示しています
  • 機能的運動性の促進は重要です
bicycle_500px.jpg

Empowering Movement

モビリティギャラリーは、個人のモビリティレベルとそれがケアの質に与える影響を評価し、急性期および長期ケアの両方のEmpowering Movement(可動性の追求)において主要な役割を果たします。
Designing-for-Albert-and-barbara-BC-49137.jpg

Barbara(バーバラ)向けの設計

Arjoは、建築家、介護施設の管理者、介助者、入居者様とそのご親族様と緊密に協力し、個々の患者様のニーズに合ったスペースの設計を実現します。
positive8_500px.jpg

Positive Eight(ポジティブ・エイト)

Positive 8の哲学は、最高の介助スキル、効率的な作業環境、適切な機器の使用を通じてモビリティ(可動性)を改善/維持することによる、潜在的なプラス効果を視覚化しています。

資料ダウンロード

貴施設の入居者様/患者様のニーズを適切に満たすために、各レベルの機能的運動性を理解し、弊社の製品とソリューションを効率的に使用するための一連の資料を用意しました。