1970年代から80年代にかけて、Arjoは、継続的なイノベーションによってグローバル市場の先駆者となり、可動性の低下や加齢に伴う健康問題を抱える人々のケアと生活の質の改善におけるエキスパートとしての地位を確立しました。

画期的な製品の例として、1972年に高さ調節可能な浴槽を初めて発売し、1989年にはSARA(立位補助器)の第1世代とMaxi Moveを発売しました。1990年代もこの勢いは衰えず、高さを調節できるシャワーチェアのCarendoなど、衛生管理や介助ソリューション製品におけるイノベーションが続きました。さらに、Arjoは米国のGTTi社、英国のPegasus社、ベルギーのMedibo社を買収して製品ポートフォリオを拡大しました。