1960年代の終わりに、Arjoは、西ヨーロッパへの製品輸出を開始しました。当時、Arjoの製品に対する需要は高く、まもなく英国、ドイツ、フランス、ベルギー、米国に海外販売会社の設立に至りました。

1980年代には、米国のCentury社と英国のMecanaids社を買収し、グローバル市場での地位を強化しました。これにより世界的な販売の拡大により、Arjoはまもなく衛生管理や介助製品の世界的リーダーに成長しました。