You are visiting a website that is not intended for your region

The page or information you have requested is intended for an audience outside the United States. By continuing to browse you confirm that you are a non-US resident requesting access to this page or information. Switch to the US site. 

Disinfection full bleed.JPG

汚物処理室のプランニング

汚物処理室のプランニング

汚物処理室は、それぞれ認可を受けた高齢者介護施設や病院の必須設備です。感染リスクの低減は、介護施設や病院にとって多大なコスト削減に値します。

 

汚物処理室のプランニング

優れた衛生手順には4つの必須要素があります。

1. 汚物エリア

これは、汚物を清潔なエリアと分離するための場所であり、汚れた容器の収集場所として機能します。ステンレススチールの流し台を含む場合もあります。

2. 手洗い場

汚物処理室で最も重要なのは、きちんと整備された手洗い場です。消毒済みの清潔な物を汚い手で触れてはなりません。  手洗い用のシンクは使いやすい場所にあり、出入口に近く、腕または肘で操作できるミキサータップがあり、液体ソープディスペンサー、使い捨てペーパータオル、ごみ箱などを備えている必要があります。

3. フラッシャーディスインフェクター 

患者様用の便器と蓋、排尿ボトル、ベットパンなど、汚物の容器はフラッシャーディスインフェクターの中に入れます。フラッシャーディスインフェクターは、容器を入れるだけで、洗浄、消毒を行います。衛生の基本的なルールとして、体液や分泌物に触れた物はすべて、できるだけ早く再処理(洗浄と堆積物を除却)し、清潔な保管エリアに移動する必要があります。

Arjoのフラッシャーディスインフェクターは、適切な高さに投入口のある上開きタイプのトップロードモデル、床を清掃しやすい壁掛けタイプ、作業スペースを広く取れる全面開閉式タイプの3種類があります。

4. 清潔な保管エリア

洗浄した容器をすぐに使わない場合は、汚れた面や容器に触れないよう収納します。戸棚やラックは保管場所として適切です。フラッシャーディスインフェクターの上に棚を設置すれば、スペースを有効に利用することができます。汚物処理室には必ず鍵付きの戸棚やキャビネットを設け、洗剤液や防止剤を収納します。また、汚れたリネンや廃棄物を入れるトロリーバッグも2つ必要です。  ステンレススチールのベットパンを使用する場合、保温機能付きのキャビネットも役に立ちます。

 

洗浄したものは清潔な手で

  • 健康な人にはまったく無害な微生物も、ケア環境では、免疫力の下がった患者様に深刻な感染症を引き起こします。
  • 細菌、ウイルス、菌類はいたるところに生息し、正しく洗浄または取り扱われていない物を介して人から人へと感染します。
  • 適切な設計の汚物処理室は、医療施設での感染を防止する上でとても重要です。
  • 洗浄および消毒済みの物を汚い手で触れたり扱ったりしてはなりません。
  • 清潔な容器を汚い手で触れるということは、その物が再び汚染され、感染を広げるリスクが増すことを意味します。
  • したがって、清潔な容器、消毒済みの容器を触れる前に、必ず手を消毒してください。

 汚物処理室では、すべての作業手順において、清潔な手で清潔な容器に触れることが一番のルールです。