WAM-Banner2135x600.jpg

認知症ケア

Arjoのアプローチ

認知症のソリューションパンフレットをダウンロードする

ManAndWoman_555x555.jpg

身体と精神を中心としたケア

今日、世界中で約5000万人が認知症を抱えて生活しており、その状況は60%¹以上の長期ケア入居者に影響を及ぼしています。 認知症を抱える入居者のケアをすることはやりがいがあるものの、その病気の性質と複雑さは、進行するにつれて、難しい状況と衝突が起こる応答行動を引き起こします。 認知症を抱えて生活している入居者数が増え続けるにつれて、介助者と施設レベルの両方において、支援のニーズも高まります。 介助者と認知症を抱えて生活している入居者に対し、私たちは人間中心のアプローチで24時間体制で摩擦の起こる瞬間を減らすよう設計された不可欠業務を可能にする非薬理学的ソリューションを提供します。

日常生活のよりスムーズな活動を促進する

密接に関わる介助が必然的に衝突を引き起こしかねない環境において、私たちのソリューションは介助者にとって日常業務がより楽になるよう、そして入居者にとって快適になるよう設計されています。

1対1の対話を可能にする

多くのArjoソリューションはひとりの介助者が使うよう設計されており、簡単で直感的に使え、ケア全体に及びます。 私たちは介助者が必要性に基づく仕事に集中する時間を減らし、質の高い交流の時間を増やして、1対1のケアを提供できるように努めています。

落ち着いた尊厳を保つケア環境を支援する

日常生活の活動にとって同じくらい重要なのは、満足と喜び促進する積極的な瞬間をつくり出すことです。 私たちのソリューションは日々の生活と身体のニーズを超えて、健康と落ち着きと尊厳を入居者にもたらし、全般的なケア環境へと展開してゆきます。

参考文献

1. 国際アルツハイマー病協会。 世界アルツハイマーレポート2018。 ロンドン: 国際アルツハイマー病協会; 2018.