早期離床ソリューション

複雑でいつも混雑しているICU環境での重症患者様の移乗は、ICUチームにとって重要な課題になることがあります。 適切な器具、プロセスおよびノウハウへのアクセスは、ICUの早期リハビリテーションおよび離床プログラムの導入支援のために必要であることがよくあります。 私たちは、すべての患者様が日々安全で最適な機能レベルで離床できることを目指します。

ベッド上での運動:
ベッド外での運動が禁忌か選択肢が制限されている場合、リハビリテーションと寝たきりの患者様の回復をサポートする方法があります。

離床での患者様の移乗:
離床での水平移乗および座位移乗が必要な場合、患者様介助機器オプションが利用できます 介助者様を支援するために。 

離床での運動:
患者様が人工呼吸器をつけていようとなかろうと、端座位プロセスは早期の患者の評価とそれに続く体形的なリハビリテーションプログラムとシーティングプランの準備の重要な部分を形成しています。

端座位が非常に困難な場合:
端座位プロセスは、時にたくさんの人手を要することがあり、 特に肥満、低い覚醒状態、または深刻なICU-AWの患者様をベッドの端に移乗するには、4~5人のスタッフが必要になる可能性があります。 その代わりに、症状を悪化させるエアウェイ、位置上の大腿骨骨軸を含む複合アタッチメント、低用量の強心療法、体位性低血圧などの因子が、座位プロセスの安全性に対する懸念をもたらす可能性があります。

受動的立位:
グラスゴーコーマスケール(GCS)が小さくなった患者様、起立性低血圧の患者様、あるいはより能動的なリハビリテーションを始める準備ができた患者様には、Sara Combilizerの立位姿勢が使用できます。 これは、下肢で体重を支えるのを容易にし、関節性拘縮の予防を促進し、下肢の強度を改善しながら、覚醒を高める優れた方法を提供します。 GCSの小さい患者様に推奨されているヘッドピローとヘッドストラップ付きの膝と体幹を支えるストラップが、非常に安定した姿勢をつくり、より支えられた姿勢を保持します。

能動的立位:
患者様が最低限の支持で座位バランスを保持し重力に逆らって脚を動かすことができた時点で、立位を試す準備はできています。

歩行:
できれば複数の機会に毎日のように参加しない患者様とともに、確立されたシーティングプランを一旦策定すると、より能動的な訓練、立位そして歩行へと前進する可能性があります。