You are visiting a website that is not intended for your region

The page or information you have requested is intended for an audience outside the United States. By continuing to browse you confirm that you are a non-US resident requesting access to this page or information. Switch to the US site. 

Emma(エマ)

この利用者様・患者様は、自立して日常的な作業を行ったり、能動的に自身で力を貸したりすることができません。

arjo-insights-mobility-gallery-emma

適正な機器を使用しなければ、介助者様へ動的、静的な介助負荷を与える可能性があります。危険をなくすため、機器を必ず使用する必要があります。この利用者様・患者様は、動作に対し、能動的に自身で力を貸すことができません。

Emmaの場合、動作に対し自身の力を貸し、活発に動くよう刺激することは重要ではありません。利用者様や患者様が癌やアルツハイマー病の末期にある場合には、能動的に自身の力を貸すことは避ける必要があり、また、望ましくない可能性があります。利用者様や患者様が、訪問者のために力を温存し、ケア中に受動的な姿勢を維持する場合も、このグループに属します。

利用者様や患者様の可動を促し、刺激することは、介助の目標ではありません。最適な介助を行うこと、あるいは、寝たきりによる合併症を予防すること(十分な皮膚のお手入れなど)が優先事項です。Emmaの移乗にはスリングを使ったリフトなどの機器を使用します。

長く寝たきりによる合併症を防ぎ、できる限り快適に過ごしてもらうことが目標です。

特性:

  • 完全に寝たきり、または専用の椅子に座ることが可能
  • 常に介助が必要
  • 適切な補助機器を使用しない場合、介助者様に動的または静的に過剰な負荷がかかる危険性
  • 機能的な可動を刺激することは目標ではない