arjo-elderly-patient-nurse-2135x600.jpg

Positive Eight™

Positive Eight(ポジティブ・エイト)

介護施設 - Positive Eight: 十分なスペース、適切な介助機器と正しい介助テクニック

  1. 心臓、肺、循環、皮膚、筋骨格系などの身体機能の改善
  2. 褥瘡、血栓症、神経筋機能障害、肺炎、失禁、めまいなど、寝たきりによる合併症の軽減
  3. 主要な前提条件は、患者様や利用者様の可動性を維持と転倒のリスクを軽減
  4. 可動性の向上による利用者様の能力アップ、自立した生活による自信、患者様や利用者様の満足感と生活の質の向上
  5. 患者様の可動性の回復と依存性軽減による介助の軽減
  6. 介助者様の労力負荷軽減による怪我の減少
  7. 介助者様の身体的および精神的健康状態の改善による病欠や離職率の低下
  8. コスト削減と臨床成果の両立による施設経営の改善