You are visiting a website that is not intended for your region

The page or information you have requested is intended for an audience outside the United States. By continuing to browse you confirm that you are a non-US resident requesting access to this page or information. Switch to the US site. 

「持っている力を最大限に活用すること」

「最初のうちは、この状態が永久に続くとは思いもしませんでした。 私には『障害に打ち勝つことができる』忍耐力があると思っていることでしょう。 でも、意思の力には限界があります」


人生を変えた事故と何年ものリハビリ、自己奮起、絶え間ない決意を経て、Peter・ジェニンは障害という身体的制約を克服し、精神的な強さを獲得し、パラリンピックで金メダルを獲得しました。

自分の力で動き続けること、動くことができることはとても大切なことです。 自立できれば精神状態も 良くなります

Peterは、体を動かすことで障害を超越することに情熱を傾けています。 今 乗っているものが車いすだとしても、スピードへの情熱がピーターを駆り立てます。 ピーターの姿は、事故で外傷を負った後によく見られる不安とうつ病に苦しみながら、多くの人がどのように強さと回復力の高みに達したかを思い起させてくれます。 しかし、本当に必要なものは何でしょうか。

子供の笑顔を見ると幸せになります。 何があっても。 言葉で表すことはできません。 子供が私を動かしてくれます

エンパワーメントが必要です。 Empowering Movementは、父親でありパートナーであると同時にプロのアスリートであるピーターが、 困難の中で人生のあらゆる面で優れた能力を発揮することです。 それは、落ち込んでいる時でも顔を上げ、挑戦するために前進を続けることです。 Peterのような人たちにとっては、障害も超越すべき目標です。 

なんとしても、もう一度金メダルをとりたいと思っています

Peterは、プロとしての目標に向けて努力を続けながら、2021年東京パラリンピックでの金メダルを目指しています。