You are visiting a website that is not intended for your region

The page or information you have requested is intended for an audience outside the United States. By continuing to browse you confirm that you are a non-US resident requesting access to this page or information. Switch to the US site. 

「いつも泣いてしまいます」

「医師や家族は、太陽を見るような単純なことが、前に進むためにどれほど大切なものであるかという話をよくします」 


マルティナ クルーン のキャリアは看護師から始まり、 麻酔科学 分野を中心に何年もの間急性期ケア環境で働いてきました。 今では、医療機関で働くことが多くなっています。 製品スペシャリストとして、静脈 血栓塞栓症 (VTE) の予防に関して看護師の力になっています。

「急性期ケアで長年働いてきたため、予想される一般的な問題の予防に役立つことができることは素晴らしいことです。  Arjo では、毎日のようにそれができるんです。 

「看護師としての時間で訓練と経験を重ねてきたため、 ボランティアに参加することにしました。  Arjoからの十分なサポートもありました」 

 

パンデミックの発生を受けて、マルティナは Arjo を休職し、ヨンショーピング病院のCovid-19集中治療病棟で働くことに決めました。 ウイルスとの闘いに直接参加したことで、ポジティブなアウトカムを手にすることもできました。 

 

「集中治療病棟に入院し幸いにも命を取り留めたた患者さんには、数週間の鎮静が必要です。 面会することもできないご家族にとっても非常につらい状況です。 でも、患者さんが目を覚まし、自力で呼吸できるようになったら、Facetimeや電話で大切な人と話せるように手を貸すことができます。 それは、かけがえのない時間でした。 いつも泣いてしまいます」 

Arjo は動き続けます。 求められる場所に いなければなりませんから」 

 

こうした経験のためにマルティナは生きています。 世界がパンデミックに直面していない時でさえ、マルティナは患者様のQOL向上に生きがいを感じていました。