You are visiting a website that is not intended for your region

The page or information you have requested is intended for an audience outside the United States. By continuing to browse you confirm that you are a non-US resident requesting access to this page or information. Switch to the US site. 

「可動性(モビリティー)の感情的側面は、単に動ければいいというものではありません」

可能な限り動くことができる状態を保つことは大切なことです。 息子の成長をずっとそばで見ていたいと思っています.」  


祝賀会の前夜、 X線写真は Femme  多発性硬化症 (MS) を患っていることを示しました。 現在、限られた動きしかできない Femme の気力を支えているのは家族 中でも パートナー と 息子の アルヴォ – です. 

「何か新しいことに出くわしたら、慌てず、よく見て、対処する方法を確認し、再適応し、進みましょう。何度も、何度でも、繰り返して”  

彼女にとって動くこととは、継続的な動きが感情に結びつかなければほとんど意味がありません。 アルヴォの笑顔が目標に向かって進むことを思い出させてくれます。一歩ずつ進むという目標です。 痛みがあっても疲れても、 彼女は 決意をもって 動きが制限されているという 肉体的な困難があっても、 常に 自分の目標達成に向けて努力しています。

「可能な限り長くママでいられたら幸せです. 
Femmeにとって「Empowering Movement」は ただ動くという以上に 家族の日常生活や 彼女自身の生活の中にいることを可能にするものです。 こうした 時間  息子がサッカーをする姿を見るような日々の出来事が彼女に力を与えます。 Empowering Movement が彼女の人生を豊かにし、 病気と向き合う 意欲を与えます。